「ちょっと気になるお店があるんだけど」
従姉妹ののりちゃんからごはんのお誘いが。

毎日車でお店の前を通っていて
ずっと気になっているんだとか。
前は通ったことはないけど、この界隈の別のお店を検索してて
店名だけは記憶にあったワタシ。

断る理由はもちろんなく、
日時を決めてサクサク予約。
当日は近くで待ち合わせをして、のりちゃんの車でGO!

e0365970_20075651.jpg

migi to hidari(ミギトヒダリ)
2018年8月訪問

e0365970_20080262.jpg

開放的な店内。
ワタシ達の他に1,2組の先客が。
「お好きな席にどうぞ」と言われたので、ソファ席に着席。

e0365970_20081238.jpg

スパークリングワイン

e0365970_20081736.jpg

ドライバーののりちゃんは小豆島のオリーブサイダー
手酌ですまぬ。

e0365970_20083458.jpg

イタリア産生ハムとモッツアレラのシーザーサラダ

e0365970_20084666.jpg

加賀蓮根と水茄子の揚げ出し
ワタシは茄子が苦手なので、のりちゃんは水茄子担当。
ワタシは加賀蓮根担当。
大きめにカットされた水茄子、加賀蓮根がゴロゴロ。
お店の方オススメなだけあって、美味しかったです!

e0365970_20085187.jpg

魚介のアヒージョ
薄めのバゲット2個付いてきましたが、足りずに追加。
魚介の旨味がしみ込んだ美味しいオイルも楽しむには
バゲット追加必須ですね。

e0365970_20090245.jpg

本日のピザ
クリスピータイプのマルゲリータ

e0365970_20091038.jpg

本日のパスタ
カッペリーニのペスカトーレ。
魚介たっぷりで大満足!

4か月ぶりの従姉妹会(二人だけど)は
いつものように盛り上がり、
結局ラストオーダーの時間まで滞在しちゃったほど。
それぐらい居心地のいい空間でした。

郊外店なので飲むとなるとやや交通の便が悪いのですが、
パスタも美味しかったし、お店の横に駐車場もあるし、
次回はランチで来てみることにしよう。

e0365970_20092572.jpg

[PR]
# by haruming03 | 2018-10-14 22:28 | そとごはん(金沢) | Comments(0)
e0365970_20354799.jpg

2018年9月某日。
頼まれものを渡しがてら、うーちゃんとちょい飲み訪問したワインと夜パフェ寧々
2018年7月にオープンしたお店です。

夜パフェの店名通り営業は夕方からで、
食後や飲んだ後の〆パフェを楽しむのがコンセプトのようです。
北海道で〆パフェは定番とか!?←ケンミンショーの受け売りですが。

e0365970_20355985.jpg

入店したのは平日の18時過ぎ。
〆どころかまだ一次会も始まってないような時間帯だからか
他にお客さんはおらずワタシ達だけ。
店内はカウンタ席とテーブル席。
そしてワタシ達が陣取ったソファー席。

メニューはワインとパフェのみ。
事前にクチコミ写真で予習はしていたものの、
いざとなると迷っちゃいますね~。
というわけで先にワインを注文。

e0365970_20375271.jpg

メディチ・エルメーテ
ボッチオーロ
ランブルスコ・グラスバロッサ
ヴィノ フリッツアンテ ドルチェ(甘口)微発泡

ソムリエの資格を持つ若き店長は、以前「とり屋秀吉」にいたさおりんさん。
選んだこのワインはとっても美味しくてワタシ好み。
普通にワインとして飲んじゃったので、
「パフェとのマリアージュは…」的なコメントはなしで。

e0365970_20360465.jpg

アルコールメニューにはお通し(300円)がつきます。
ドライフルーツでした。

e0365970_20383446.jpg

大人なチーズパフェ(ワタシチョイス)
クチコミ写真で一番見るので一番人気かな。
ワインなのでチーズが合うかなと思って注文してみました。
甘すぎないところが「オトナ」ですね。
ただ調子にのって写真を撮ってると、
フタになってるチョコやら中のクリームが融けちゃうので要注意。

e0365970_20384068.jpg

トマトとマンゴーなパフェ(うーちゃんチョイス)

パフェはどちらも繊細で美しく、フレンチレストランの一皿のよう。

あまり飲まないワタシにとって
「ワインバー」はとても敷居が高く感じますが、
店名に「パフェ」とオトメな単語が入っているだけで、
敷居がグン!と下がる気がします。

店長のさおりんさんがとっても気さくなので、
女性のおひとりさまやお酒が強くない方でも楽しめるお店。
今後ピンチョスのような軽いフードメニューを期待したいところです。

e0365970_20392561.jpg

[PR]
# by haruming03 | 2018-10-09 21:30 | そとごはん(金沢) | Comments(0)
2018年7月の3連休、母と愛知に住む妹宅へ。

あちこち出かけるより、妹とゆっくり過ごしたいという母の要望により、
滞在中はほとんど家から出ませんでしたが、
2日目の晩、
「前に行ってよかったお店、予約しといた」
と妹一家に連れて行ってもらったお店がここ↓

e0365970_21343097.jpg

メゾン・ド・ヌーヴォー
店内はクラシカルな雰囲気で、ご家族連れのお客さんが多かったような。

お料理は妹夫妻が予約済み。

e0365970_21343904.jpg

クランベリージュース

e0365970_21344605.jpg

梶谷農園サラダ、生ハム(大皿)
さすが農業県の愛知県。
新鮮なお野菜がまさにてんこ盛り!

e0365970_21345698.jpg

コーンスープとサーモン塩麹漬けのムニエル
とてもとても濃厚なコーンスープでした!

e0365970_21350642.jpg

有頭海老のポワレ、蟹クリームコロッケ

e0365970_21350146.jpg

プリプリ海老にも焦点を当ててみました。

e0365970_21351288.jpg

お口直しのカシスシャーベット

e0365970_21351792.jpg

このパンがバターたっぷりでメッチャ美味しかった!

e0365970_21352293.jpg

国産牛フィレ肉のステーキ(デミグラスソース)

e0365970_21352680.jpg

ハッピーバースディ♪とお店の方が母に持ってきてくれた桃タルトケーキ
妹一家からのサプライズに母感涙。

「ろうそく5本でよかったね。実年齢なら穴だらけや」
と茶化して言うと、
義弟が新婚当初、妹の誕生日のケーキを買った際、
ろうそくの本数を聞かれ、23本のろうそくをもらってきた話も飛び出し、
みんなで大笑い。

妹が「前に行ってよかったお店」と言ってただけあって
お店の方の対応も、野菜たっぷりのお料理も大満足♪

お店の方に家族写真を撮ってもらい、23本のろうそく話とともに
我が家のいい思い出になりました。

e0365970_21383883.jpg

[PR]
# by haruming03 | 2018-10-01 22:45 | そとごはん(愛知) | Comments(0)
子供の頃から大好きだった、柴舟小出の相あい。

先日、母に頼まれ買いに行ったところ、
夕方だったからか、売り切れ(涙)。
諦めて帰ろうとすると、
「ん?いちじく?」

e0365970_20105789.jpg

隣にいた地元の方らしいオバサマも初めて見たらしく、
「相あいにいちじくがあるんやねぇ。初めてみたわ」
と話しかけられました。
「新発売じゃないですかねーー」
とテキトーなことを言ったところ、
「へー新発売なんやー」
と納得されてしまったので、慌ててお店の方に確認したところ、
新発売ではなく、毎年季節限定で発売されているとか。
(失礼しました!)
ただ発売期間が短いので知らない方も多いとか。

そんなレアなものは買ってみなければ!

e0365970_20110345.jpg

ふわふわのブッセ生地の相あい。
柴舟小出さんは大正6年創業の和菓子屋さんですが、
この相あいは洋菓子のよう。

e0365970_20110998.jpg

ブッセの中はイチジクのジャムとバタークリーム。
このジャムは、かほく市のファームあさだで生産されたバナーネを使ったものとか。
ジャムは姿かたちがなくなってしまっているものではなく、
イチジクが残っているようなフレッシュなもの。
バタークリームもしつこくなく、
ブッセ生地とジャムのいいつなぎ役になっている感じ。

定番なら、個人的にはチーズ押しなんですが、
いちじく好きなら、季節限定発売のいちじくの相あいもオススメです。
(但し、金沢百番街店、東山店では販売されてないようです)

[PR]
# by haruming03 | 2018-09-25 21:22 | おみやげ(金沢) | Comments(0)
以前平日ランチで伺ったことのある和食処白梅亭

平成30年4月16日~平成31年3月末まで
平日限定ランチを20周年特別ランチとして
なーーんと1,080円(税込)で提供していると知り、
平日の2018年7月某日訪問。

e0365970_20271966.jpg

白梅亭は金沢城公園大手門前にあるKKRホテル金沢内にあります。

e0365970_20272664.jpg

午前中用事を済ませ、ホテルに着いたのは12時半過ぎ。
「お得ランチだし、待つことになるかなー」
と思いながらロビーを抜けると、お店の方が立っていて
「いらっしゃいませ。どうぞーー」
とそのまま案内され、ちょっと拍子抜け。

室内は畳敷きにテーブルが置かれているので、靴を脱いで入ります。
平日ということもあってか、
シニアのご夫妻、主婦グループと客層年齢はやや高め。
この日は8割ぐらい埋まってました。

e0365970_20273594.jpg

おひとりさまのワタシは、窓に向かって置かれたテーブル席に案内されました。
「おおっ!特等席ではないか(嬉)」

メニューとお茶が運ばれてきましたが、
最初から決めてました!なワタシは20周年ランチを注文。

e0365970_20274261.jpg

20周年特別ランチ白梅亭おすすめ弁当(平日限定)
テーブルいっぱいに置かれた御膳。これにデザート、コーヒー付。

e0365970_20274772.jpg

初夏メニュー(~8/24)現在は別メニュー。
小鉢:アスパラガスの冷しゃぶ添え 蛇の目ラディッシュ
二種:あさりとゴーヤの佃煮
造り:鮪の湯霜 紫蘇風味のみぞれ添え
八寸:とうもろこし真丈 丸十みつ煮 蓮根梅肉がけ
煮物:冷製炊合せ 高野豆腐 太胡瓜 椎茸 手毬麩 蟹団子
サラダ:カリカリベーコンとカリフラワーの彩サラダ
蒸し物:茶碗蒸し
揚げ物:鶏の離宮揚げ アボカドのフライ
香の物:胡瓜のたまり漬け すぐき刻み漬け
お食事:こしひかり 味噌汁

e0365970_20275239.jpg

甘味:無花果の赤紫蘇コンポート

e0365970_20275724.jpg

最後コーヒーをいただきました(他に紅茶などもあり)。

外のお庭を眺めながらいただくランチは、
どれから食べようか迷うほど盛りだくさんで、
さすがホテルの和食処!とても美味しかったです。

窓に向かってのおひとり様だったので、
放っておかれても想定内でしたが、
ちょうどいいタイミングでお料理をさげてくれたり
お茶を持ってきてくれたりと、お店の方の感じもよく、
細かい心配りが出来ていると感じました。
これで1,080円はさすが謝恩価格!かなりお得です。

ワタシの周りのテーブルの女性グループはリピーターらしく
「いつものでいいよね」てな感じで注文してましたが、
このお料理がこの価格でいただけるなら、リピーターになるのも納得。

メニューは季節ごとだったかに変わるとのこと。
予約不可でオーダーは13時半までのようです。

来年の3月末までにまた行きたいなーと思う満足度の高いランチでした。

e0365970_20280486.jpg

[PR]
# by haruming03 | 2018-09-22 21:00 | そとごはん(金沢) | Comments(0)
友達と別れた後、東京駅へ。
しっかり飲み食いしたものの、
「あれは遅めのランチ」の感覚だったので(ほほほ)、
東京駅で駅弁を買うことに。
ただ東京駅構内に不慣れな上、駅弁の種類がありすぎて
もう買うのやめようかなと思ったところに、
マンゴーツリーキッチングランスタを発見。

おそらく一番訪れている国がタイなワタシは、
お料理も人も大好き!
そんなワタシがこのお店の前を素通り出来るはずもなく。

e0365970_20144903.jpg

鶏ガパオボウル
グリーンカレーも気になりましたが、
新幹線の中で食べるつもりだったので、
匂いが気になるのでガパオボウルを購入。
他に豚ガパオ、シーフードガパオ、野菜ガパオもありました。

大きめな鶏の粗ひき肉がゴロゴロと入ったガパオは
ほどよくピリ辛で美味しかったです!

e0365970_21252915.jpg

ただ、中身のボリュームと容器の大きさが合ってないのか、
フタを開けた時に容器の割に具材が少なめな印象。
テイクアウトだし、もう少し小ぶりの容器の方が持ちやすいんだけどな。

単品でソムタムなど気になるものもあったので、
次回は違うものに挑戦してみよう。

それとも、本場に食べに行っちゃおうか。

[PR]
# by haruming03 | 2018-09-20 21:29 | そとごはん(東京) | Comments(0)
本社の研修が終わり、そのまま帰ってもよかったのですが、
金曜日だったのでそのまま1泊し、翌日東京の友達と合流。

集まってくれたのは、
R嬢、Y嬢、そして1週間前に金沢に来てくれたK嬢。
旅行が大好きなアクティブな面々です。

R嬢から「どこか行きたいとこある?」と聞かれたけど、
東京はまた行くだろうし、
Y嬢が仕事の関係で遅めの合流になるときいたので、
「遅めのランチ(ちょい飲み)が出来ればどこでもOK」と答えたところ、
K嬢が気になっているというお店に行くことに。
訪問2018年6月

e0365970_19125474.jpg

何軒かのお店が集まった赤坂バル横丁
どこのお店も楽しそう!
はしご酒が出来そうですね。

e0365970_19130131.jpg

JTBパプリッシングが運営する日本ワインと
ご当地料理をテーマにしたお店で、店内には全国のるるぶが飾ってありました。

旅好きなワタシ達にぴったり!

e0365970_19134171.jpg

(青森県)浪岡アップルサイダー
炭酸のシュワシュワが飲みたくて、サイダーを注文したところ、
「ん?炭酸じゃない…」
友達に飲んでもらうと、やはり「炭酸じゃないね、これ」
注文し間違えたかとメニューを再確認すると、サイダーの横に「無炭酸」の文字が。

なんですと?

サイダーって無条件に「炭酸」だと思ってたけど、
本来は林檎系の香味がつくもののみを指すらしく、
ノンアルコールの無色透明の炭酸飲料の総称として誤認されているとのこと。
はい。すっかり誤認しておりました!

炭酸ではありませんでしたが、完熟ブレンド100%

e0365970_19141388.jpg

(栃木)宇都宮みんみん餃子★ポルチーニマッシュルームソース
ワタシ達が行った時は「宇都宮特集」の時期だったので、餃子を注文。
とてもオシャレな餃子でした。

e0365970_19150437.jpg

(高知県)ゆずたっぷりキャロット・ラペ

e0365970_19142378.jpg

(広島県)牡蠣のアヒージョレモン風味
翌々週末に広島に行くことになっていたワタシは
メニューに「広島」の文字を見つけ、「これが食べたい!」
牡蠣が3つしか入ってなかったので、追加発注。

e0365970_19134653.jpg

(山形県)嘉・YOSHI スパークリング・シャルドネ
牡蠣のアヒージョに合うと書いてあったので注文してみました。

e0365970_19142929.jpg

(長野県?)蕎麦パスタ
「考えてみたら、これってランチだよね?」と気づき、炭水化物を注文。
もちもちした蕎麦パスタ。

e0365970_19151203.jpg

(東京)東京発ブランド豚肉TOKYO Xのポークソテー
(大分県由布市)山荘 無量塔の粒マスタード添え
柔らかいお肉、おいしゅうございました。

食べたかった「いぶりがっこ」がこの日はなく残念でしたが、
全国各地の食材を使ったお料理がいただけるのがいいですね。
ホテルの朝食(ブッフェ)をたらふく食べてしまったので
あまり注文できませんでしたが。

全体的に小さめなポーションなので
一皿二人でシェアするくらいがちょうどいいくらいかな。

夜までの通し営業なので、ランチ食べそこなった時や
ワタシ達のようなちょい飲みの利用にいいですね。

予約は2週間前~のようです。

[PR]
# by haruming03 | 2018-09-18 22:06 | そとごはん(東京) | Comments(0)
金沢駅百番街あんとにある「すずめ(旧むっつぼし)」は
白山市地産地消推奨店、六星の直営店。

2018年6月。
研修のため東京に行くことになり、会社からそのまま駅に直行。
新幹線の中で食べる駅弁をこちらで購入。

e0365970_20330670.jpg

4種類の野菜と玄米ビビンバ弁当
野菜中心としたヘルシーなお弁当は他にも何種類かありましたが
「ビビビ(死語)」ときたのでこれに決定。

e0365970_20332164.jpg

野菜は、切り干し大根、人参、小松菜、豆もやし。
お肉は豚肉で、コチュジャンがのってます。

玄米ごはんの器が深めなので、
最初ぱっと見「ごはん、少なっ」と思いましたが、
玄米にシャキシャキ野菜をのせてビビンバ弁当に仕上げると
ちょうどいいボリュームに。
味付けもやさしめでワタシ好み。

この玄米ビビンバは、
平日のランチタイムに丼としてお店のイートインスペースでいただけるようです。

[PR]
# by haruming03 | 2018-09-14 21:24 | そとごはん(石川) | Comments(0)
毎年ひめちゃん&まさみと開催している「誕生月におごっちゃる会」
北陸新幹線開業以来、新しいお店がどんどん出来、
またそれらの評判も耳に入ってくるので、
行ったことないお店に行ってみたいワタシにとって
お店選びは毎回迷いに迷うところ。

諸般の事情により3か月遅れで開催の今年は、
開店当初、別の友人に誘われたものの
理由あって行けなかったお店をリクエスト。
訪問:2018年6月

e0365970_09385303.jpg

明治に建てられた町家をリノベーションしたスペイン料理のお店。
2017年7月にオープンです。

e0365970_09454603.jpg

風情のある町家。
見上げるとステンドグラスも。

平日の夜でしたが、ほぼ満席でした。

e0365970_09402457.jpg

テーブルの上には本日のメニューが。

moruno/いしる
季節をまぜる
ジブジブ
鴨+カカオ
金澤から世界へ
野〇屋オマージュ
小菓子
…って、まるで暗号のような。

その”暗号”を解読していると、立派なお肉の塊を持った方が来られ、
「本日のコースに追加料金でこのA5ランクの能登牛を提供できますが」
…むむむ。
今日は主賓なのでお財布を持たずに来たワタシ(ウソ)。

見せていただいたお肉は立派だけど、
今日の立場を考えてお断りしようと思っていたら、
「せっかくだからお願いしよか」
「なかなか能登牛食べられんもんね」

「かたじけないっっっ!」
二人の好意に甘え、能登牛にグレードアップ♪(嬉)

e0365970_09404338.jpg

ワタシとまさみは、イネディットというシャンパンビール
スペイン三ツ星レストラン「エル・ブジ」のグランシェフが作りだしたそう。
フルーティーで飲みやすいビールでした。

e0365970_09532237.jpg

ひめちゃんはサングリア

e0365970_09410446.jpg

一瞬和菓子かと思ったアミューズは、
甘海老の頭、味噌などをまるごと使ったもの。
「一口で」と言われたので、そのままパクッ。
口いっぱいに甘海老が広がります。

e0365970_09415045.jpg

moruno/いしる
モロッコの有名なお料理をアレンジしたものとか。
もしかしたらいしるも入っていたのかな。
レモンの泡とハーブの下には、イカスミ、大根。

e0365970_09415914.jpg

季節をまぜる
生ハムの出しの泡をくずすと、中からアスパラ、エンドウ、ブロッコリーが。
温玉と混ぜて。

e0365970_09421427.jpg

ジブジブ
たらのピルピル
舞茸は能美産のものでモーツアルトをきかせて育てたものだとか。

これは金沢の陶芸家、中田雄一さんの器で、卯辰山の土を混ぜて作られたものだそう。

e0365970_09422790.jpg

パン

e0365970_09424774.jpg

鴨+カカオ
鴨→A5ランクの能登牛
スペイン赤ワインソースとカカオ。
お肉やわらかくて、本当に美味しかったです!

茄子が苦手だと伝えてもらっていたので、ワタシはアスパラガス。
ひめちゃんとまさみは加賀野菜のへた紫なす。

e0365970_09425572.jpg

金澤から世界へ
ボタン海老のパエリアは、水分多めにしているそう。
まずテーブルに見せに来てくれた後…。

e0365970_09430469.jpg

一人前に取り分けたものを持ってきてくれました。
とっても濃厚なお味のパエリアはアルデンテ。

e0365970_09431185.jpg

柳田村のブルーベリーソルベ、ヨーグルトエスプーマ
(誕生日ver)

e0365970_09444204.jpg

野〇屋オマージュ
金沢では有名な野田屋さんのお抹茶使用。
抹茶クリームチーズ、メロンシャーベット。

e0365970_20135437.jpg

緑の泡は目の前でかけてくれました。

e0365970_09445339.jpg

小菓子
カカオトリュフ、オレンジピールにのったアーモンドチョコ

e0365970_09453914.jpg

最後はエスプレッソで。

自分の中のスペイン料理は豪快なイメージでしたが
バルセロナの三ツ星店で修業されたシェフのお料理は
斬新でとても繊細でした。

食材は地元のものを使ったものが多く、
器も金沢の作家さん、地元企業のものを使ったりと
金沢とスペイン料理の融合。
まさに金澤スパニッシュですね。

接客も丁寧で、帰り際には外までお見送りいただいたりと
スタッフの方もいい感じでした。

次回はランチに伺いたいです。

e0365970_09390081.jpg

[PR]
# by haruming03 | 2018-09-09 20:44 | そとごはん(金沢) | Comments(0)
「6月の初めに金沢に行くんで、久しぶりにランチしませんかぁ?」
と東京在住のK嬢から連絡が。

K嬢とは数年前、旅トモの友達の友達(遠)として初めて会って以来、
他の友達も交えて何度か海外旅行に行ったりしている間柄。
このところ年賀状のやり取りのみで、
久しぶりに会いたいと思っていたところなので、二つ返事でOK。

「何か食べたいものがあれば」と聞いたところ、
「そばと天ぷらと中華以外で、予算1万円ぐらいまでならOK」
とサバサバした彼女らしいリクエスト。

おお予算1万円なら選択肢の幅広し!
というわけで、
気になってたけど、予算的に友達を誘いにくかったお店を数軒チョイスして連絡。
彼女が選んだお店は、実はワタシが一番行きたかったお店。
やや誘導尋問的にK嬢に選んでもらうようし仕向けたのを
彼女が忖度してくれたのかも。

e0365970_22380625.jpg

Installation Table ENSO L'asymetrie du calme
(インスタレーションテーブル エンソ ラシンメトリー ドゥ カルム)
とても長い名前なので「ENSO(エンソ)」としか覚えてませんが。
元洋裁学校をリノベーションし、2016年1月にオープンしたフレンチのお店です。

入口のドアを開けると元学校だったことを感じさせる廊下が。
そして奥の扉を開けると、開放的な空間にオープンキッチン。
それでいてどこか落ち着いた雰囲気。

e0365970_22452105.jpg

これは皆さんが帰られた後に撮ったものですが、この日満席でした。

e0365970_22382035.jpg

まずは泡で。
週末のランチは一択です。

e0365970_22444344.jpg

テーブルに置かれた数枚のカードはメニューとのこと。
このイラストをイメージしたものが出てくるとのことで、
食事前からワクワクが止まりません。
ちなみにこのイラストは美大生が描いたものだそう。

e0365970_22411805.jpg

蓬のエクレア
ピンクのクリームはビーツ。キャビアのせ。

e0365970_22412661.jpg

蓮根海老揚げ器のウニのせ
まわりの緑は大葉。

e0365970_22413370.jpg

(確か)新玉ねぎとパプリカのスープ
桜海老がたっぷりのっています。
添えられているのは、じゃがいもと鰯のブランダードがのった竹炭のパン。

e0365970_22414079.jpg

続いて出てきたのは木箱。
箱を持ち上げると…。

e0365970_22414650.jpg

チキンスキン
ENSOといえばこれ!でしょうか。
レバームースのダークチョコと、
ニンニク風味のホワイトチョコの下には、パリパリの鶏皮。
もうアートですね。
ちなみに丸いのは食べられません(笑)

e0365970_22415787.jpg

続いてカクテル。
ワタシはミモザ、K嬢はカシス系(だったと思う)。

e0365970_22492438.jpg

稚鮎とクレソンの下には緑のクスクス
蓼ペーストでいただきました。

e0365970_22421707.jpg

グリーンアスパラのソテー、柑橘系ソース
乾燥塩漬けタマゴ、チコリ添え

e0365970_22422482.jpg

パリパリにワカメに巻かれたフォアグラのムース

e0365970_22423394.jpg

破竹、ホタルイカ、山菜

e0365970_22424188.jpg

低温でグリルされたあいなめ
ハコベ、芽キャベツ、ふきのとう

e0365970_22431339.jpg

アオサのパン

e0365970_22432159.jpg

米粉のパン

e0365970_22435137.jpg

岩手県ほろほろ鶏
トリミンチカツ、椎茸、アスパラソバージュ

どのお皿も普段なかなか口にできない食材が添えられてるのが嬉しいですね。

e0365970_22493007.jpg

苺のコンポート、ライチシャーベット
ここで終了かと思ったら…。

e0365970_22441582.jpg

またデザートが出来てきました。
鳥の巣の中のたまごを模したものと、木の板にのった八朔など柑橘系の小菓子、アイス。

e0365970_22440883.jpg

エスプレッソをいただきました(他にコーヒー、紅茶あり)

お料理は一品ずつ丁寧に説明してくださいましたが、
ちゃんと覚えられるはずもなく、ところどころ単語になってますが(汗)。

一皿のポーションは小さめなのですが、
アミューズからデザートまで12品(パン含まず)。
趣向を凝らした器に盛られたお料理は、どれもアート作品のよう。

趣向を凝らしたといえば、やはりメニューのカード。
これを見ながら次のお料理を想像し、お料理が出てきて答え合わせをする。
どのお料理も、ただ「美味しそう!」ではなく、
「なるほど。これはこれね」と謎解きに近いすっきり感を味わえ、
と同時に「次は何だろう」というワクワク感も味わえる。
こんなに楽しいと思ったランチは初めてでした。

ふたりで泡グラス2杯、カクテル2杯、ノンアルドリンク1杯をいただいたので
やや予算オーバーしてしまいましたが、
美しいお料理、お店の雰囲気、スタッフのホスピタリティともに大満足。
そして、このお店に訪問する機会を作ってくれたK嬢に感謝!

次回はお金をためて、ディナーに行くことにしよう。
訪問:2018年6月

e0365970_22454781.jpg


[PR]
# by haruming03 | 2018-08-31 23:04 | そとごはん(金沢) | Comments(0)

相棒松下ルミコ(Lumix gm1s)で撮った食フォト、旅フォト


by はるみん